ヘボリーマンが適当にギター弾いています

プロフィール

写真
はじめまして、ブライアンです。 このブログは音楽とパチンコを主にやっていきたいと思っています。是非、楽しめるブログにしたいのでよろしくお願いします。

お問い合わせ

ご意見、ご感想はこちらからどうぞ。また相互リンク等も募集しています。                                        ↓                                        ※ここからメールフォームへ

人気記事ランキング

最近のエントリー

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

「1パチ、4パチ共用可能」パチンコ期待値計算、仕事量計算方法

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
 
パチンコで期待値稼働をするにあたり、

 

実際に今打っている台がどれだけの期待値があるか?

 

これを打ちながら把握しておく必要があります。( ..)φ

 

今のパチンコで期待値(勝つ)稼働は当然厳しいホールが多い中、打っている台の

 

期待値で台移動、または店移動を視野に入れた立ち回りが必要になってきます。

 

複数の期待値ツールがありますが、やっぱり最低限の計算が自分で

 

出来ると、よりいいんじゃないかと思います。( ..)φ

 

通常時における1回転辺りの期待値がどれだけ出ているのか計算してみましょう。

★「回転単価」というやつです。

等価店、低換金店(持ち玉時)の場合なので注意して下さい。m(_ _)m

 

では、計算式は

 

大当たり確率÷トータル確率×メインラウンド数の平均出玉

=平均獲得出玉(平均連チャン数の期待出玉)

 

{(平均獲得出玉÷大当たり確率)-(250÷1K辺りの回転数)}×換金率

=1回転辺りの期待収支

 

で計算できます。

 

補足:トータル確率とは・・・1回の大当たりに必要な回転数。

 

例)牙狼ファイナルで計算してみます。

必要なデータは(1)1K辺りの回転数、(2)トータル確率、(3)そのトータル確率のメインラウンド数の出玉です。

 

(1)1K辺りの回転数=20回転

(2)129回

(3)16R当たりの出玉

 

ではこの台のデータで計算してみます。

 

まずは平均出玉を計算します。

399.6÷129×2000=6195発

 

これを踏まえて1回転辺りの期待収支の単価です。

{(6195÷399.6)-(250÷20)}×4(等価)

12.02円

 

これは4パチ等価での計算になりますが、

 

ピンク色だけの計算は1回転辺りの期待個数になります。

 

これも上手く利用してみると、1パチ、2パチ等にも使用出来ます。

 

4パチ30玉(3.3円)交換の場合、

※3.004×3.3(換金率)=9.913円

 

これが1パチになると、

 

1パチ等価の店では、

※3.004×1=3.004円

0.6円交換の店では、

※3.004×0.6=1.802円

 

となります。いい具合に共用出来ます。( ..)φ

 

これが、この台の1回転で積める期待値となります。

 

また、

 

この台を仮に2000回転の稼働する予定の場合における期待値は、

※2000×12.02=約24000円

 

実際に大当たりが多くて1000回転の稼働しか出来なかったということになれば、

※1000×12.02=約12000円

 

これが仕事量になります。

 

・期待値とは・・・その日の稼働時間において予想出来る回転数の期待収支。

・仕事量とは・・・その日の実際に回した回転数に対しての期待収支。

 

この2つは似ているようで、まったく違うので注意してください。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ツイッターも絡んでくれればうれしいです。
https://twitter.com/noise2451

生意気にランキング参加してます!
応援よろしくお願いしますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

趣味・ホビー ブログランキングへ


スポンサードリンク

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

現在コメントはありません。